NEWS

脇坂英理子の実家との血縁関係を脇坂安知を否定したので脇坂安治が先祖というのは眉唾もの

タレント医師という肩書きで活躍していた脇坂英理子(わきさかえりこ)が診療報酬詐欺事件で逮捕されました。

脇坂英理子は2015年1月に初の著書
「あざといgirl 教えてRicoにゃん先生!ラブマナー73」
を出版しましたが、男性視点で見て非常に都合の良い女性になる事を標榜していて、逆に清清しいまでのビッチぶりなのです。

どういう育て方をされれば、30代しかも後半にさしかかったのにここまではじけた性格になるのか、実家の教育ぶりが気になります。

でも意外にも本人の口から出たのは、実家は
安土桃山時代から江戸時代にかけて武将・大名として活躍した脇坂安治(わきざかやすはる)がご先祖様という事でした。

しかし、脇坂安治の正当な子孫である第16第目の脇坂安知氏が、血縁を完全否定したのです。

ツイッターで、大名の脇坂安治がご先祖様とつぶやく

2016年1月21日にツイッターでこうツイートします。

そして3月9日に逮捕されたのですが、このツイートをかなり早い段階で発見した私が書いた記事や、様々なネットユーザーの方がお書きになった記事によって、脇坂安治の子孫という事が知れ渡ったのです。

第16代脇坂家が無関係と主張

大名だった脇坂安治を1代目とすると、第16代目は脇坂安知という方になります。
脇坂安知氏は兵庫県に本社を置く会社を経営なさっています。

その会社のサイトの「お知らせ」ページで3月10日に

診療報酬詐欺容疑で逮捕された脇坂英里子容疑者と、弊社社長 脇坂とは一切関係ございません。

と完全に関係を否定しました。

この事から脇坂家の直系と脇坂英理子は全くの無関係という事が判明したのです。

ルーツをたどれば皆子孫になる

この様に、脇坂家の直系からは完全否定されました。
まっとうな会社を経営されている第16代からすれば、関係が無いのに関係があると思われてはたまったものではありませんからね。

何せ脇坂英理子が犯した診療報酬7000万円もの巨額詐欺の罪は大き過ぎますから。
毎月健康保険で引かれる金額にヒイヒイ言っている全国民を敵に回した存在なのです。
そんな犯罪者と血縁と思われては会社の業績や信用に大きく響くでしょうから。

当代が否定した事によって、脇坂英理子が初代脇坂家の子孫かどうかは不明です。
ただ、枝分かれしていって、血筋が繋がっている可能性も否定できません。
直系家系を除けば、ほとんどの人が色んな人の子孫となるのは明らかですから。



ピックアップ記事

PAGE TOP