NEWS

杉田あきひろが病気でコンサートを欠場した事と黒い噂は今思えば関係性があったという事

NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」で、9代目「うたのおにいさん」として活躍していた杉田あきひろをご存知の方も多いことでしょう。

2016年4月13日に東京都内で覚せい剤所持容疑で逮捕された杉田光央(すぎたあきひろ)容疑者が、まさにその歌のお兄さんなのです。

NHK番組での安定したポジションから、一体どうしてそこまで堕ちたのかという事を探っていくと、2008年に病気でコンサートを欠場しおそらく入院していたであろうという事実がありました。

そして薬物疑惑の黒い噂が囁かれ始めたのは、2000年にまでさかのぼる事になります。

ぐ~チョコランタン・ファミリーコンサートを欠場

「おかあさんといっしょ」の番組内で、着ぐるみを着て行う人形劇「ぐ~チョコランタン」というコーナーがありました。

そのコーナーを、全国の公立の文化施設等でライブとして行う
「おかあさんといっしょ ぐ~チョコランタンがやってきた!!」
というファミリーコンサートが年に何回かあります。

2008年3月29日(土)及び30日(日)の2日間にわたって、中野サンプラザで開催されたそのコンサートに杉田あきひろも出演する予定でした。

ところが突然病気のため欠場するとのアナウンスがあり、代役を2世代前の7代目歌のおにいさんが務めました。

そして次に「ぐーチョコ・コンサート」へ出演したのは、同年7月6日(日)の長野公演でした。
その期間は入院していたのです。
コンサートを見に行ってきた人の証言によれば、1曲終わる度に息が凄く上がってたそうですので、まだ本調子ではなかったのでしょう。

清原和博も緊急入院していた

週刊文春が2014年春に報じた清原和博の薬物疑惑をご存知の方もいらっしゃるでしょう。

目はうつろになり、緊急入院したところをスクープして、話題になったのです。
そして杉田あきひろが前述のコンサートを欠場したのも、何か同様のものを感じます。

実際杉田あきひろは痩せこけていました。
これは食事を取らなくても大丈夫という、薬物症状の影響だと考えられます。

そして杉田は2000年の段階で黒い噂があったのです。
週刊誌によって、同性愛疑惑と同時に覚せい剤使用疑惑も報じられていたのです。
これについては
杉田あきひろのスキャンダル!歌のお兄さんを同性愛者と報道するなんて冤罪もいいところだ
で詳しく記述しましたので、是非ご覧くださいませ。

覚せい剤使用者は日焼けをする傾向がある

清原和博も杉田あきひろも、真っ黒に日焼けしていました。
清原はスポーツ選手ですからまだしも、杉田は子供の憧れとなるお兄さんですから、そのキャラクターと合わないでしょう。

これはおそらく覚せい剤使用者が注射の跡等を誤魔化すために、体を焼いているのだともとらえる事ができます。

そして実際両者は黒い噂通りに逮捕されてしまったのですから。



ピックアップ記事

PAGE TOP