SPORTS

大儀見優季はイケメン旦那の職業を活かしたサポート術で得点王となった

なでしこジャパンのエースストライカー・大儀見優季(おおぎみゆうき)さん。
あれだけ世界各国でご活躍していますから、まだ独身の様な気がしますが、実はもう結婚しているのです。

24歳になったばかりの頃の2011年7月27日に、大儀見浩介さんとおっしゃるイケメンでメンタルトレーニングコーチが仕事の方と入籍し、永里優季(ながさとゆうき)から大儀見優季へとなったのです。

そして旦那さんは職業であるメンタルトレーニングコーチの能力を活かし、大儀見優季さんにある事をする様によって得点王になったのでした。

イケメン旦那との馴れ初め

前述の様に旦那さんのご職業はメンタルトレーニングコーチで、スポーツ選手への精神的アドバイスを行っています。

2人の馴れ初めは2005年、東海大学で同じゼミの先輩と後輩という関係でした。
優季さんは18歳になったばかりの1年生。
旦那の浩介さんは26歳でした。

大学卒業後、ドイツのチーム「トゥルビネ・ポツダム」に移籍した永里優季選手は、電話で浩介さんに
「あまり良いプレーができない時ってどうやって気持ちを高めれば良いんですか?」
等と度々相談を持ちかける様になり、日本とドイツ間の超遠距離恋愛が始まったのです。

2011年ドイツワールドカップの真っ只中

結婚して2人でしか作れない未来を築こう

と突然メールでプロポーズがあり、結婚する事となったのです。

ささいな喧嘩

1年に2ヶ月しか会えない2人は、毎日2時間もテレビ電話で会話をする位仲がよかったのです。

ただ、そんな大儀見優季も大儀見浩介さんの細かすぎる事に不満があったのです。

お菓子を食べている時に、思わず机の上にこぼしてしまう事があると思うのですが、その時に浩介さんは

ずっと気になっていたんだけど、お菓子をボロボロ落とすのやめてくれない?

お好み焼きを焼く時、解凍したシーフードをそのまま生地に入れて焼こうとすると

シーフードは普通焼いてから生地に乗せるだろ?

ドレッシングを使用して、再度使う時のためにそのまま蓋を開けっ放しにしておくと

さっきからドレッシングの蓋開いているよ

と、綺麗なお顔をしたイケメンならではの細かい事を指摘してくるのです。

そして夜寝ている時に

ちょっと腹減ったからラーメン一緒に食べに行こうよ

と起されてラーメンに付き合わされるのです。
大儀見優季さんが
「夜中は食べない事にしている」
というと
「メンタルさえしっかりしていれば大丈夫」

この様な感じで、メンタルトレーナーなのにストレスを与える事をしてくるそうです。

ストレス発散方法は

そんな大儀見優季のストレス発散方法は、夫への怒りを込めて試合で思いっきりゴールを決める事なのです。
なぜか喧嘩の翌日は必ずゴールが決まるのです。

特に喧嘩の多かった2012年は、ドイツリーグトップの18ゴールをあげ、得点王へと輝いたのでした。

結果的に旦那さんの細か過ぎる点が、優季さんの活躍の原動力となったのです。

これらの事は、2013年10月20日放送の
「行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP 」で紹介されたものです。

喧嘩のエピソードも、ストレス発散で得点王となった事も、面白おかしいVTRで紹介されていましたので、平和ゆえの喧嘩エピソードだったのだと思われます。

離婚していた

そんな幸せなVTR紹介から2年少々しか経っていない2016年3月、2人は離婚しました。

前述した細か過ぎる夫の事とかも、好きなうちは許せるのでしょうけど、嫌いになってくると嫌で嫌でしょうがなくなる事でしょう。

3月4日にネットが炎上する大失言をしてしまった大儀見優季ですが、離婚間近の精神状態を考えればしょうがないのかもしれません。

この炎上の経緯については
大儀見優季の炎上発言は史上最悪だがまだ若いし大目に見ましょう
も合わせてご覧くださいませ。

ピックアップ記事

PAGE TOP