NEWS

野村貴仁がヘルメットを被る理由を語る「そんな急にハゲるかよ!」

清原和博の逮捕によって、一躍時の人となった元プロ野球投手の野村貴仁(のむらたかひと)さん。

ここまで彼を有名人としてフィーチャーさせたのは、日本テレビです。
2月2日に清原容疑者が逮捕され、その1週間後の2月9日に野村貴仁の高知県の自宅で取材を行い、テレビで放送したのでした。

清原容疑者と巨人で共にプレイした仲である野村貴仁さんですが、取材では
「巨人時代に清原さんに薬を渡していた」
との仰天証言をしたのです。

そしてその証言と同じ位インパクトがあるのが、野村貴仁の風貌でした。
強烈なインパクトの見た目に加え、自宅にいるにもかかわらず何故かヘルメットを被っているのです。

私はハゲ隠しが理由なのかなとも思いましたが、本人が理由を語ってくれました。

かすり傷でも負ったらいかんというのが理由

3月3日発売の「週刊文春2016年3月10日号」において、文春記者が野村貴仁の取材のため、高知の自宅を訪れました。

テレビ放送で全国に見せた野村貴仁の風貌は伸び放題の口ひげ、顎ひげ、そしてヘルメットという衝撃的なものでした。
今回の週間文春の取材時には、ヘルメットは被っておらず、頭皮は決してハゲていないという事も判明しました。

冒頭で述べた、ハゲ隠しの理由でヘルメットを被っているかもしれないという想像は、間違いだったのです。

文春記者の
「何故ヘルメット姿でテレビに出演したのか?」
という質問に対し

離れの部屋がめちゃくちゃになっとるから、それを直す時にかすり傷でも負ったらいかんからヘルメットを被った。
ヘルメットは工事現場では常識中の常識。
ヘルメット姿を見た友人からは
「ハゲたんか?」と言われたが
「そんな急にハゲるかよ」って言ってやりました。
(ヘルメット姿を放送した)日本テレビもふざけとる。

と応えます。
友人の方は、私と同じでハゲたのが理由と思ってらっしゃったのでしょうね。

ヒゲ面で出演した理由

そして伸び放題のヒゲについても同時に質問しました。
それに対する回答は

ヒゲは毎日剃らないかんって言われていたけど、バリカンが壊れたからハサミで切らなくてはならなくなり、面倒くさいから剃っていなかったんです。

との事です。
今回の取材時には、ヒゲも剃られていたのです。
つまりヒゲもヘルメットも無い、極めて普通の状態だったのでしょう。

納得するようなしないような理由

めちゃくちゃになっている離れの部屋を直す際に怪我をしてはいけないというのがヘルメットを被っている理由だったのでした。

その離れの部屋というのがどの程度損壊しているのか見てみないと判断できないのですが、日曜大工程度なら何もヘルメットを被る必要はないと思うのですが。

野村貴仁は、2006年10月31日に覚せい剤取締法違反で逮捕された経緯があります。
表情を見るに、覚せい剤によって脳がやられて少し思考能力が変になっている可能性も考えられます。

また、幻覚症状等によって何かに怯えるという症状が現れてもおかしくないので、防護に対して過剰反応を起こし、ささいな事でもヘルメットを被っているのかもしれません。

今後も清原和博容疑者の件では、重要なキーマンとなる事でしょう。

ピックアップ記事

PAGE TOP