NEWS

桃田賢斗のキス写真の年上スナックママは20代というのが週刊新潮全文から判明

バドミントン日本代表の桃田賢斗(ももたけんと)が年上のスナックママと思わしき女性とキスしている画像がデイリー新潮のウエブサイトに掲載されたのが、4月11日。

その画像は こちら になります。
詳細は4月14日発売の「週刊新潮2016年4月21号」に掲載されるという事で、早速購入し全文読みました。

上記画像以外にも写真が掲載されてり、桃田賢斗の膝の上にまたがろうとする写真もあったのです。
そして年上スナックママの詳細は、墨田区内のカラオケスナックの20代のママだという事が判明しました。

2014年末に墨田区内のカラオケスナックにて

週刊新潮に掲載されている写真は合計4枚。

  • 冒頭にリンクを張った、右手にボトルを持った桃田に対し年上スナックママの方から迫る様にキスをしている写真が1枚
  • スナックママを両手で抱擁している写真が1枚
  • ソファーに座ってカラオケを歌っている桃田の膝の上に、スナックママが右足を上げてまたがろうとしている写真が2枚
    この写真2枚ではタイトスカートがまくれ上がり、Tバックを履いたストッキング越しのお尻が丸見えとなっています。

顔にはモザイクがかかっていて、人相の判別は不可能です。

これらの写真の詳細は、桃田賢斗の知人によれば

2014年末に墨田区内のカラオケスナックにて撮影されたものだと思います。
お相手の女性は20代のスナックママで、桃田は足繁くこの店に通っては酔いつぶれていました。

との事です。
1994年9月生まれの桃田賢斗が20歳になったばかりの頃で、年上女性の色気に引き付けられたのも無理はないのです。

桃田賢斗の膝にまたがろうとしている画像の詳細

キス画像1枚と抱擁画像1枚はまだ分かるのですが、タイトスカートがまくれあがってもお構いなしに膝にまたがろうとしている画像は何なのでしょうか?
その状況についても同号で説明されていました。

ORANGE RANGE が2007年7月にリリースしたシングル「イケナイ太陽」。
ソファーに座った状態でその歌を歌う桃田賢斗に対し、スナックのママが今まさにまたがろうとしている状況です。

おそらくその後はまたがられたのでしょうが、その状態でもお構いなしに
「お前のセクシー・フェロモンでオレ メロメロ」
と歌い上げたのでした。

手首と指に光る高級ブランド

もう1度冒頭の画像をご覧くださいませ。

桃田賢斗がボトル入りのカクテルを持つ右手には、いかにも高そうな腕時計がされています。
この腕時計は軽く100万円を超えるフランク・ミュラーの高級時計なのです。

そして右手中指にも高そうなリングが光っています。
これは10万円はするクロムハーツのリングなのです。

スナックのママさんですから当然客がどの程度の羽振りなのかという事には敏感でしょう。
この若さでこれだけのブランド品をしていれば、どこかの金持ちのボンボンかと思わるでしょうから、こういった色んなサービスをしてくれたと想像できます。
それか桃田自体は身分や顔をバレるのなんて全く気にしないタイプなので、職業等を聞かれたら隠さず答えたのかもしれません。

体育会系の桃田賢斗は体力の続く限りのみ続けますので、相当の金額を落としてくれる「太客」です。

加えて
桃田賢斗に年上の彼女がいれば裏カジノなんか行かなかったかもしれない
で記述した様に、桃田はテレビで
「年上好き。10歳位上までなら大丈夫」
と公言した位の年上好きなのです。
このスナックママさんがドンピシャにハマった相手なのかもしれません。

スナックママさんにしてみれば、羽振りは良いわ、イケメンだわ、自分に対して好意を盛ってくれるわで、完璧なお客だった事でしょう。
キスしたりまたがったりするサービスをしたくなる相手だった事でしょう。

墨田区のスナックという事は闇カジノ帰りか?

桃田賢斗がJR錦糸町駅近くの雑居ビルにあった闇カジノに、田児賢一に最初に連れて行かれたのが2014年10月です。
そしてこれらの写真が撮られたのが約2ヶ月後の同年年末で、このスナックの場所は墨田区。

おそらく闇カジノの帰りに立ち寄ったのではと容易に想像できます。

そして桃田賢斗のご機嫌な顔を見るに、この時はそれなりに勝ったのではと思われます。

まだ若き青年がうっかり起してしまった事が、こんなにも大問題になるとは思いもよらなかった事でしょう。

同号には闇カジノがなぜばれたのかという発覚経緯も掲載されていて、そちらの方がメインといっても良いのですが、それについては追ってアップしたいと思います。



ピックアップ記事

PAGE TOP