NEWS

【デパ地下のさと婆】神山さとはWikiに載る位のスリだが実は資産家だったと東スポが報道

伝説のスリ師「デパ地下のさと婆」こと神山さと(かみやまさと)が、2016年3月18日に5年ぶりに逮捕されました。
驚く事に、スリでの逮捕歴はこれで24回目なのです。

デパ地下のさと婆は、Wikipediaの「スリ師の一覧」にも掲載されている位の有名なスリであります。

そして一見戦後の貧しい時代を生き抜いた貧乏人ゆえに今もスリをしているのかと思いきや、ちょっとした資産家というのが判明しています。

Wikiと資産家、この2点について迫ってみましょう。

神山さとがWikipediaに掲載されているページを見る方法

まずWikipedeiaのトップページへ行きます。
そして検索窓に
「スリ師の一覧」
と入力します。
kamiyama-sato-wiki_01

そうするとスリ師の一覧ページが表示されます。
そしてそこには「デパ地下のさと婆」の名前が載っているのです。
kamiyama-sato-wiki_02

2011年11月7日に23度目のスリでの逮捕

神山さとは5年前の2011年11月7日に窃盗未遂の現行犯で、23度目の逮捕をされています。
16時45分頃に、武蔵野市吉祥寺南町のデパート食品売り場において、当時62歳の買い物客の女性の手提げバッグに右手を入れ、金品を窃盗しようとしたのです。

実はそのデパート周辺では8月位からデパ地下食品売り場を中心に高齢の買い物客がスリに遭う被害がおよそ15件も発生していたのです。
それで捜査員が張り込んでいたところに神山さと容疑者が現れ犯行に及んだのでした。

なぜ8月頃からスリ被害が多発していたかというと、神山さとが7月に刑務所から出所したばかりだったからです。
捜査員にしてみれば、神山さとが出所したタイミングとシンクロして被害が多発したので、おそらく目を付けていたのでしょう。

神山さとは
「競艇で遊ぶ金欲しさにやった」
と供述しています。

デパ地下のさと婆は資産家だった

デパ地下のさと婆の23度目の逮捕を受け、2011年11月11日に東スポが神山さとについて報道しました。
その報道内容から、驚くべきことに神山さとは資産家だったという事が判明しました。

神山さとの逮捕時に報道される住所はいつも「東京都中野区中野1丁目」となっています。

そしてその住所には自身が所有するアパートが建っていて、そこに住んでいるのです。

30代半ばの若い頃に土地を購入し、60歳の頃に鉄筋3階建てのアパートを建築したそうです。
そのアパートで息子夫婦や孫達を住まわせ、余った部屋からは家賃収入を得られているのです。

中野区にそれだけの土地建物を所有しているという事は、プチ資産家といったところでしょうか。

逮捕された時は必ず
「生活費が無くて」
といった言い訳をしていますが、髪の毛は金色だか茶色だかに染め、宝石も一杯身につけています。

決して生活費がないわけではなく、もはや日常生活の一部なのでしょう。

年齢も年齢ですし、おそらくこれが最後の逮捕となる事でしょう。
逮捕した警察も扱いに困る年齢ですし、子供や孫達と楽しく余生を過ごしていただきたいものです。

ピックアップ記事

PAGE TOP