NEWS

今井絵理子の彼氏は不起訴なので前科はついていないが母子手当不正受給していないだろうか?

2016年夏の参議院選挙出馬を表明した、元SPEEDのメンバー今井絵理子さん。

出馬表明をした人が、過去の事を色々と詮索されるのは致し方ありません。
これだけインターネットが発達した昨今ならなおさらです。

ココロノウタ [ 今井絵理子 ]

ココロノウタ [ 今井絵理子 ]
価格:1,296円(税込、送料込)

シングルマザーを標榜した今井絵理子さんにも、事実婚といえる彼氏がいたのです。

そしてその彼氏は、不起訴となって前科はついていませんが逮捕歴がありました。
その逮捕された内容というのが、今井絵理子の出馬スローガンとはかけ離れていて、これは大丈夫なのかと思ってしまうのです。

彼氏の経営する法律違反店に今井が訪れた事があった

今井が現在都心において同棲している彼氏は沖縄時代の同級生であり、地元沖縄でピンク産業を経営していた事がありました。

その沖縄で暮らしていた彼氏が、現在は都心で今井と同棲するに至った経緯としては

  • 彼氏が沖縄で風俗店経営を始める
  • 今井と彼氏が同窓会で再会し、付き合いを開始する
  • 経営する風俗店にて18歳未満の少女と知りながら働かせたとして、彼氏が逮捕される。
  • 不起訴となり約1ヶ月も経たず釈放される。ゆえに前科はついていない。
  • その逮捕をきっかけに、今井が住む都心へ上京
  • 彼氏は現在障がい児童デイサービスで真面目に働いている。

という、ある意味美談にされそうなよく出来たストーリー展開となっています。

おそらく逮捕され、今後どうしようかと思っている彼氏を、障がいを持つお子さんの母親である今井が
「私のいる東京で一緒に暮らそうよ。障がいを持つ子供のために働いてみない?」
といった感じで説得、勧誘したのでしょう。

この彼氏との馴れ初めについては
今井絵理子 逮捕歴のある彼氏は初恋相手の同級生だった
にて詳しく記述しましたので、是非ご覧くださいませ。

美談では済まない裏があった

彼氏が18歳未満の少女を働かせていう事を、今井が知らなかったというのが一般的な見解です。

ですが決してそんな事はなかったのです。
2月29日発売の週刊ポストが報じた内容によると

風俗を経営してはいけない地域で経営したいた

との事です。
確か半径何百メートル以内に、学校とか病院がある場合はそういった店を経営してはいけないという決まりがあったはずです。

それについては今井の彼氏の問題ですので、逮捕、起訴された事により済んだ事です。

ただ、さらに驚く事実が

一度その店に今井絵理子が来た事があります

これが本当なら、今井は18歳未満の少女と知りながら働かせていた事をおそらく知っていた事になります。

母子家庭手当ての不正受給は大丈夫か?

また、母子手当ての不正受給についても気になります。

ロックバンド175R(イナゴライダー)のヴォーカル SHOGOとの間に男児1人をもうけた今井は、2007年に離婚しました。
長男の親権は今井が得ました。

シングルマザーとなった事により、おそらく母子家庭手当ての受給を開始した事でしょう。

しかし彼氏は2015年に東京に上京して今井との同棲を始めました。
この同棲により、母子手当ての受給資格は完全に無くなった事になります。

場合によっては、彼氏がいて何らかの経済援助を行ってもらっているだけで受給資格が消えてしまう事もあると聞きます。
なので、同棲をしているとなると、完全にその資格は無くなるわけです。

スローガンと行動が随分違うが

障害を持っている子供たち、そのお母さんたちが、より明るい希望を持てる社会作りをしたい

というスローガンと共に立候補した今井絵理子。

ですが、実際は彼氏の違法風俗店を訪れてからわずか数百日しか経っていない時期に立候補した事になります。

また、あくまで推測の域ですが、母子手当ての受給の件もグレーだと思います。
何せ今回の立候補に際し、人生で初めて名詞を作ったそうです。
そんな後手後手に回る人が、とても母子手当ての受給の解除手続きをしたとは思えないのですが…。

ピックアップ記事

PAGE TOP