NEWS

姫路市立中学校の男性教諭が誰かを特定する事は今後の暴力抑止のためには必要だと思う

姫路市立中学校の男性教諭(58)が、部活動中に暴行を受けて骨折した生徒に対して
「病院では階段から転んだことにするように」
と指示していた事が、発覚しました。

兵庫県教育委員会が2016年2月23日に、その男性教諭を6ヶ月の停職処分に処したという事を発表しての発覚となったのです。

男性教諭は兵庫県教育委員会の調べに対し

病院に対して本当の事を言うと、警察沙汰になって大問題になると思って指示した

と供述しています。

今後この様な酷い事件が発生しない様に男性教諭の特定をする事が大切だと思いますので、特定を試みましたが、残念ながら情報は出回っていませんでした。

ただ本当かどうか不明ですが、学校名と部活名がリークされましたので、紹介したいと思います。

事件の発生は昨年7月

姫路市立中学校で問題の事件が起きたのは昨年2015年7月にさかのぼります。
部活動中の1年生が上級生2人から胸に膝蹴りを受ける等し、骨折しました。
おそらく肋骨を骨折したのでしょう。

骨折した1年生を病院に連れて行こうとして部活の副顧問に対し、男性教諭は冒頭の嘘の指示をしたのです。
そしてその生徒は病院でその通りの供述を行ったのです。

副顧問及び生徒は立場的には弱者であり、男性教諭に従わざるを得なかったのでしょうね。

上級生2人のうち、1人は主力選手の3年生である事が判明しています。

さらなる暴行が発覚

そしてその上級生2人は、今回骨折した生徒を含む、1年生合計3人に対して4月頃から日常的にいじめていた事が分かりました。
4月頃から叩いたりプールに沈めたりしていたのです。

4月といえば1年生が入学した直後です。
まだ子供の1年生に対してその様な事をするとは、上級生としても威厳や貫禄などあったものではありません。
中学3年生に対して貫禄を求めるのは酷かもしれませんが。

暴行した3年生を大会に出場させる

校長は男性教諭に対し

暴行した3年生の主力選手を8月に行われる近畿中学校総合体育大会に出場させないように

と命じました。

これは校長が姫路市教育委員会の指示を受けての判断だったのです。
つまりこの時点で、該当の中学校の問題だけではなく、上位の教育委員会へ話は通っていたのでした。

ところが男性教諭は、この3年生を大会へ出場させたのです。
主力選手ゆえに、どうしても出場させたかったのでしょう。

校長の言う事を聞いて3年生の主力選手の出場をやめておけば、今回この様な事が発表される事もなかったでしょう。

嘘か本当か学校名と部活動名がリークされる

2chでは、こちら の様に特定がされつつあります。

しかしこれはあくまでトイレの落書きに過ぎませんので何の信憑性もありません。

この様な男性教諭でも、停職6ヶ月が開けた後は何もなかった様に復帰し、60歳になったら退職金4000万円をもらうのでしょうね。

この男性教諭は復帰後まだまだ教育現場で働くわけでして、親御さん達が安心して子供を預けるためにも特定は必要かと思います。

かつては生徒達がツイッターで発進する事によって暴力教師が特定された こちら の様なケースもありますが、今回も同様にリークするかもしれません。

ピックアップ記事

PAGE TOP