SPORTS

江宏傑は福原愛の彼氏どころか結婚相手だった事が週刊文春全文で判明

かつて天才卓球少女と呼ばれた福原愛(ふくはらあい)さんも、もう27歳と知らぬ間に大人の女性になりました。
当然ながら彼氏の1人や2人位いてもおかしくはなく、2008年には今をときめく錦織圭との原宿デートが報じられましたが、破局となりました。

そして2016年4月6日には新しい彼氏の存在を自身のブログで公開し話題となったのですが、その彼氏は台湾人の卓球選手だったのです。
お名前は江宏傑(ジャンホンジェン)といい、福原愛さんと同い年で身長180cmを超えるイケメンとの事です。

その彼氏との熱愛が翌日4月7日発売の「週刊文春2016年4月14日号」にて報じられるとの事です。
わざわざ自身のブログで彼氏の事を報告したという事は、文春にスクープされるのが分かっていたので、前もって自ら発表したのでしょう。

そして週刊文春を早速購入して全文読んだところ、彼氏どころか結婚相手といってよい存在だったのでした。

江宏傑プロフィール

江宏傑の簡単なプロフィールですが、10代の頃から台湾卓球界の代表として世界大会で活躍し、昨年2015年には台湾国内で卓球部門の最優秀選手に選出されました。

世界ランキングでは常に2桁に位置する名プレイヤーです。

3人兄妹の末っ子です。

出会いはローティーンの頃

福原愛と江宏傑の2人が出会ったのは10代の頃です。
こう書くと青春真っ只中のハイティーンを思い浮かべますが、12歳までの子しか出場できない「東アジアホープス」という大会で出会ったのでした。
なので10~12歳の子供時代に出会った事になります。

顔は知っているけど、話す事はなかったのです。

そんな2人が急接近したのは、つい最近2014年12月にタイはバンコクで開催された「ワールドツアーグランプリ」という大会です。

福原愛はこの大会中に「腰椎椎間関節障害」というのが発覚し、翌年の全日本選手権を初めて棄権しました。

そして同時期に福原が始めたFacebookに、江宏傑からのメッセージが届く様になり、怪我で練習できずに落ち込んでいた福原は元気付けられたのです。

江宏傑のアタック開始

フェイスブックでの励ましから数ヶ月が経った2015年の春に、江宏傑の猛アタックが開始されます。
そのあまりの猛烈さに
「もう少し冷静になって」
と愛ちゃんはたしなめまして。

それに対し江宏傑は
「愛が現役を続けるなら、それでもかまわない」
「もし現役を続行するなら日本と台湾を往来してもかまわない」
と具体的なビジョンを描いて語ってくれたのです。

そういった誠実で気遣いのできる姿勢を見て
「断る理由がなくなった」
との事で彼氏・彼女の関係となったのです。
福原愛は中国語がペラペラですし、コミュニケーションは何も問題ないでしょう。

大会の合間にデート

両者とも卓球界のトップ選手なので、大会のスケジュールはほぼ同じです。

なので大会の合間にデートを重ねました。
場所は東京、台湾、そして中間の沖縄。

沖縄で会ったのは、2015年12月のクリスマスの日に少しでも会いたいという事で、両者のちょうど中間点で落ち合ったのでした。
人が多い東京よりも落ち着いて会えたそうです。
東京ならすぐに福原愛とバレてしまいますし。

東京でのデートはディズニーランドへ。
今年2016年2月に台湾へ行った時は愛ちゃんのお母さんも同行し、一緒に江宏傑の実家を訪れたのです。

リオデジャネイロオリンピック後に結婚

彼氏の実家をお母さんも訪れた事から想像できる様に、2人は今年2016年夏のリオ五輪後に結婚しようといういう確固たる気持ちでいるのです。
ただの彼氏というポジションでははなく結婚相手なのです。

前述した台湾へ行った時には、当然両家の親も顔を会わせています。
ジャンホンジェンの父親は日本企業に勤務していているので日本語が話せ、そして大の親日家なのです。

愛ちゃんのお母さんは、非常に暖かく迎えてくれた事に対して
「これなら愛を安心して任せられる」
と嬉しそうに語ったのです。

パートナーとしては理想

夫婦で趣味が同じだとコミュニケーションが上手くとれ、円満になるのは間違いありません。

さらにこの2人の場合は仕事まで同じなのです。
パートナーが仕事で嫌な事があったとしても、それを理解する事ができます。

技術レベルは男子の方が高いので、仕事である卓球についてジャンホンジェンに相談する事もあり
「一緒にいてとても楽」
と愛ちゃんは語っています。

そして相手の親は親日家であり、彼氏は優しい顔をしたイケメンです。
これだけの好条件はなかなかないでしょう。

リオ五輪も楽しみですが、そのあとの結婚報告も非常に楽しみであります。

ピックアップ記事

PAGE TOP