NEWS

みのもんたの息子は現在ニッコク勤務だがオヤジが社長退任で居場所がなくなるのでは

みのもんた氏の息子こと御法川雄斗氏が2013年に逮捕されたのは、まだ記憶に新しいでしょう。

他人のキャッシュカードを盗んで現金を引き落とそうとした窃盗未遂容疑で逮捕。
そして他人のカードを盗んだ事自体が窃盗容疑となり、再逮捕されました。

よくある容疑を複数に分ける事によって、拘留期間を延ばす手法ですね。

この逮捕によってみのもんた氏の立場が悪くなり、番組降板となったりといった罰を受けたのです。

気になるのが逮捕された息子さんは現在何をしているかという事でしょう。

実は週刊誌でとある工場に勤務している様子がスクープされたのです。
そしてその工場といういのは、父親であるみのもんた氏が経営する「ニッコク」という会社だったのです。

ニッコクとは?

みのもんた氏こと「御法川法男」氏が代表取締役を務める、水道メーターの製造及び販売を行う会社です。

1940年にみのもんた氏の父が創業した会社です。
1944年生まれのみのもんた氏は、物心ついた頃から会社経営者のご子息だったわけです。

そして1999年10月に、みのもんた氏が代表取締役に就任します。
お父様が高齢か、また亡くなったことによって代表取締役になったのでしょう。

それ依頼16年以上にも渡って、タレント兼ニッコク社長という二足のわらじを履いてこられたのです。

息子の御法川雄斗は和歌山県にある工場勤務

おそらくお金で示談をしたため不起訴となった息子さんは、2014年9月から和歌山県にあるニッコクの関西工場で働いています。

ニッコクの関西工場は、関西第1工場 から 関西第5工場まで存在しています。
非常に規模の大きな会社なのです。

そしてその関西工場は全て和歌山県に所在しているので、息子がどの工場で働いているのかは不明です。

ただ自転車で通勤する姿が週刊誌でスクープされた事がありました。
午前8時から17時まで作業着を着て勤務しているのです。

就業後は、そのままビジネスホテルへと直帰しています。

父親からは勘当されたという噂ですが、ニッコクの初任給だけでビジネスホテルに毎日滞在できるとは思えません。
また、逮捕された時に父親からは良い弁護士も付けてもらいました。

これらの事から、父親から何らかの経済的援助があるのではないかと推測されます。

みのもんた氏がニッコクの社長を退任する

今年2016年3月5日に開催されたニッコクの創業75年パーティーにおいて、みおもんた氏はスポニチの取材に対して

父親の代から働いてくれた、僕と同い年の社員に次期社長を任せるつもり

と発表しました。

それによって、息子が会社内で居づらくなるのではないかと思ったのですが、
現社長のみのもんた氏の存在というのは、おそらくただの名義貸しに近いものでしょうから、結局はあまり変わらないのかなとも思われます。

ピックアップ記事

PAGE TOP